AGA治療

AGAオンラインクリニックで使われる治療薬とその副作用

投稿日:

1.AGA治療に欠かせない薬

抜け毛や薄毛になった原因が、AGAによるものだとわかったら早速治療に取り掛かろう。AGAは進行性だから、ほっておいても一向に改善は見込めないのだから。

AGAを改善させることができるは3種類、フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル。それぞれ効果が期待できる部分が違う。

フィナステリドは、5-α還元酵素SRD5A2およびSRD5A3を阻害して男性ホルモンのテストステロンが、DHTに転換されるのを抑制する薬。要するに抜け毛を防ぐために飲む薬である。

デュタステリドは、5-α還元酵素のSRD5A1とSRD5A2およびSRD5A3までをカバーして抜け毛を防ぐとされる薬である。また抜け毛を防ぐだけでなく、フィナステリドではほとんど見られなかった、発毛・増毛効果が期待できる。一つの毛根から複数本の毛が生えることが確認されている。抜け毛と発毛両方に期待できる薬である。

ミノキシジルは、元々高血圧の治療のために血管を拡張する薬として開発されました。しかしのちに、患者に発毛効果があることがわかり、発毛薬として販売されるようになった。内服薬としては副作用が発見されたので、外用薬として販売。

外用薬は一般のドラッグストアでも何種類かのものが販売されているが、内服薬については、日本での認可が下りていない。専門のAGAクリニックなどでは、処方されているようだが、一般には出回っていない。

以上のことからAGAの治療では、DHTの生成を抑えることが重要ですが、そのことにより抜け毛の抑制と前立腺肥大の抑制が同時に可能となっている。

チェック!

※DHTとは・・・ジヒドロテストステロンという名前のステロイドホルモン。

2.AGA治療の薬による副作用

AGAの治療薬による主な副作用は、性欲の減退、勃起不全、精液量減少、多毛症、低血圧、頭痛、不整脈、胸の痛み、急激な体重増加、手、足、顔のむくみがあらわれることがある。(いずれも約5%以下)

昔はドーピング検査に引っかかるというニュースも有りました。筋肉増強剤使用を隠すことができる成分が含まれていたためですが、現在は服用している場合でも筋肉増強剤の仕様がわかるようになったため、ドーピング検査でも引っかかることはなくなりました。

3.まとめ

AGAに有効とされる薬は3種類です。

ですが、AGAの専門クリニックをおとずれると、そのクリニック独自に開発したとされるものを使用することも少なくありません。外用薬、注射薬、内服薬やサプリメントを出すクリニックもあります。

AGA専門クリニックの利用をお考えの方は、ぜひ治療方法を吟味、確認して選択してください。

-AGA治療
-, ,

Copyright© AGA治療オンライン診療クリニックおすすめblog , 2019 All Rights Reserved.