AGA治療

AGA治療の副作用で多いものは?

投稿日:

geralt / Pixabay


aga治療やAGA治療薬における副作用について


AGA治療を行っていく上で、少なからず副作用の問題が出てきます。AGAの主な治療としての服用があります。抜け毛の進行を抑える働きに効果のある、プロペシア。おそらく標準的な治療で一番初めに行う、薬による治療で使われるものです。

プロペシアの副作用としては、次のものが挙げられます。性欲減退・勃起機能不全・射精障害・精液量減少など。そのほか、発現率不明の副作用として、睾丸痛・男性不妊症・精液の質低下などがごくまれにあるようです。

詳しくはwikipediaを御覧ください

もう一つ、標準的なAGAの治療薬であるミノキシジルについて。ミノキシジルは血管拡張薬として開発された薬ですが、後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用されました。ここでは特に効果が実感できるであろう飲み薬についての副作用について記述します。

ミノキシジルの副作用としては、次のものが挙げられます。頭痛・意識朦朧・多毛症・性的不能・重い低血圧・不整脈・動悸・手、足、顔のしびれや痛み・性欲減退・胸の痛み・急速な体重増加・手、足、顔のむくみ など。もともとは血管の拡張を目的とした医薬品のミノキシジルですから、血管を拡張する作用がありますので、血圧が普段より下がる傾向があります。血圧が低めの方は注意が必要なので、クリニックなどで検診を受ける際は、申し出るのが良いでしょう。ミノキシジルの場合、最近はあまり聞きませんが以前は重篤な副作用が出たこともあったようです。下記のwikipediaのページにも掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

また、特に目に見える副作用として多毛症があります。気になってしまうのは、肌の露出が増える春や夏のシーズンです。外出の際、腕や足などの露出が増えるので、気になってしまう方が多いようです。薬の効き目が非常にあるので、腕毛や手の甲、指にまで毛が生える方もいるようです。足に関しても、モモやスネはもちろん、足の指にまで毛が生えて来る方もいますので、気になる方は気になります。

頭髪が薄毛やハゲになってしまうことを考えれば、毛深くなっても仕方がないと思いますが、本人にとっては深刻な問題です。そのことで、体の余分な毛は脱毛も考える方もいるみたいです。頭はフサフサで、体はスベスベの方が現代では人気のようです。

詳しくはwikipediaを御覧ください

 

まとめ

agaの治療だけに限らず、病気の治療ではしばしば副作用の症状が現れることがあります。治療に必要な薬が高いからと言って、個人輸入代行の通販サイトで医薬品を購入するのはやめましょう。上記に掲載していますように、少なからず副作用の報告があるのですから、万が一重篤な副作用になってしまっては元も子もありませんから・・・気をつけましょう。医薬品、特にaga治療の薬は用法・用量を守っての服用が安全です。専門のagaクリニックで処方してもらった医薬品で医師のもとに治療していきましょう。進行する前に早めの診察を受けてみてください。自宅でできるオンラインの治療や、初回無料のクリニックもありますので、悩み無用ですよ。
 
 
初回無料、オンラインagaクリニック治療の詳細へ
 

 

 

-AGA治療
-

Copyright© AGA治療オンライン診療クリニックおすすめblog , 2019 All Rights Reserved.